[HOME]

お名前
メールアドレス
ホームページ
タイトル        
メッセージ
背景色
パスワード (修正・削除に使用します)


■-ただ
 >> sino  08/14(Tue) 18:00[5742]  



念じるのみ。

すべてうまくいくすべてうまくいくすべてうまくいく。



■-赤とんぼ
 >> quesera  08/14(Tue) 13:22[5741]  



今朝、赤とんぼを見ました。
ふと、カナダの秋を思いました。
親子3人、彼の地でも、たくさんの愛とご縁に恵まれますように。

 >> ジョノさん  08/12(Sun) 21:09[5740]  



突然の帰国のお知らせですね。
お体心配です。マキちゃん、レオくんもカナダに行かれるとのこと、おばさんはオロオロ心配するばかりですが、どうぞお元気になられますよう、また日本にいらっしゃいますよう。。。お店に一度お伺いしたかったです。マキちゃん、おばさんは本当にあなたのことが大好きです。いつでもあなたの幸せを願っております。さよならとは言いません。気をつけて、行ってらっしゃい!

■-私は
 >> しげちゃん  08/12(Sun) 19:09[5739]  



孫台風?を避けてピカソの版画展を観てきました。
勿論、お目当ては《バッカナールの黒い牡牛》です。
10分以上凝視していたように思います。きよしさんの歌う「黒い牡牛(ライヴで聴けた時は感激でした)」が頭の中を巡っていたのです。

 バイバイ僕の黒い牡牛
 猛り立つ僕の野心よ
 バイバイ僕の黒い牡牛
 二度と姿を見せるな
 こっけいな角をふりたてて
 消えてしまえ
 戦いに荒れ果てた
 虚栄の街へ ・・・

なんだか感情が高ぶった版画展でした。

「報告」
先ほど残念なお知らせがありました。
突然の事ですがJono君の事情で店を閉めてカナダへファミリーで帰国するそうです。私のあげたプレゼントは持っていかれるのかなぁ…

こちら

しかし、何というバッドタイミングなんだろう。「黒い牡牛」の歌詞の一部を引用した後だなんて・・・
でも削除はしません。絆が切れてしまいそうだから。

 とっても君はいかしていたよ
 もう二度と出遭えないくらいに
 嘘になってもこう云うよ
 いつかまた会おう
 さよならのかわりに


■-観てきました!
 >> 赤い風車  08/12(Sun) 16:42[5738]  



今、私の街では
「棟方志功展」を開催中です。
お盆らしいありがたい版画
力強い油絵、かわいらしいみみずく。

絵葉書を買ってきましたが
あの方にもこの方にも
日頃のご無沙汰を書いたら
なくなってしまいました。

明日の夜から
町内会の公園では
盆踊りが始まります。

■-FMなつかしい
 >> 神戸っ子  08/12(Sun) 01:02[5737]  



「絶望」をもう一度聴こうと100本近く残っているカセットテープをひっぱり出してきて探したのですが見つかりません(泣)
曲名がわからないのでたしか鉛筆で「タイ」「ネガ」と書いていたと思うのですが…
トロンボーンについては記憶がありませんが、「パンディエロ」という楽器(私は今まで知りませんでした)をyoutubeで聴いて思い出しました!この音をバックに「タイ…タイ…」というきよしさんの声で始まる曲でした。
加藤登紀子さんとのライブも、「遠く離れたおまえに」もたしかFMで聴きました。今は調べるのも買うのも便利になったけれど、あのころはラジオから流れてくる音楽を聞き逃すまいと耳をそばだてて聞いたものです。

■-は〜るばる
 >> sino  08/09(Thu) 11:47[5736]  



来たぜ、はこだて〜〜〜

さか巻く波は無し!。今はトンネルを抜けると函館。
主人と息子その@は行かないと言い。
私と息子そのAで出かけました。

そう言えば、二人で函館。過去にもあったな〜。
主人は、自分が計画し引率するのでなくてはダメなのです。多分そう。言葉で言ったことは無いのですが、そういう事なんだろうと、経験から学びました。

楽しかった!。お天気良かった!。いい風が吹き抜けて気持ち良かった!。ベイエリアじゃない杉並町のレストランが居心地が良くて美味しくて、大当たりだった!。
函館山から見下ろす景色は最高だった。

日帰りで、夜景は観ないで帰ったけど、十分満足な
「ハレの日」だった。

函館は近いのに、どうして、こんなにも来なかったものか…。あんまり色々と詰め込まない日程で、また行きたいな〜と思いました。

junさんのお喋り素敵でした。背中のあたたかさ、揺れる感じ、地面の感触、匂いとか…、いろんな要素が伝わりますね。
父の背という同じ体験を思い出すことは出来ないのだけど、分かる感じはします。言葉に表現できない感じの事も、会って話したら、盛り上がりそうだわ。
「ハレ」と「ケ」という考え方は、私にとっても気になるkeywordなんだ。ではまた!。


■-絶望
 >> MIKE(みけ)  08/08(Wed) 23:31[5735]  



神戸っ子さん、同じく「絶望」大好き!。その録音はバックにトロンボーンが入っていますか?そして、今は亡き玉木宏樹さんのバイオリンやマンドリンの音色も!もしそうなら同じくエアチェック(死語か💦)して何度も何度も聴いてたー。
しげちゃんさん、マリアのユーチュブの「こちら」ありがとー。めちゃめちゃ久しぶりに聴けた。当時は吉川さんのパンディエロのソロから始まるきよし様バージョン。ドキドキして聴いたなー40年ちょい前。この訳詞も絶品だった。

■-お盆休み前に
 >> jun  08/08(Wed) 21:54[5734]  



関東の雨が気になりますが、お盆休み前にひとつ好き勝手に喋りたくなってしまいました。また私の悪い癖!困ったものです(笑)。でもまあ、こちら空いているのでいいでしょうかね?

少し戻りますが、sinoさんの「ねぷた」話とてもよかったです。
ネットで調べるのとは違う、「ねぷた」への、そして弘前への愛情が伝わってくる素敵なものでした。
その中で、祭りの帰り家に向かう途中で「一抹の淋しさが漂って」「嘘のように静か」‥という文章があったのですが、これを読んだ時、一瞬にしてある光景が蘇って優しい気持ちになりました。

それは幼い自分が盆踊りの後、張り切り過ぎて疲れたのか、父におぶさって家まで帰った時のこと。
大好きな祭りの心地よい興奮を胸いっぱいにしながらも、その途中楽しさの後の「淋しさ」だけでなく、何とも言えない異空間にいるような不思議な感覚を味わっていました。(sinoさんと同じかも)
その静けさの中を進んでいく間、私は広い父の背中に顔を“ぎゅっ”と押し付けて夢のような時間に浸っていたと思います。父がどんなことを感じていたかは今となっては聞くことができませんが。
すいません、個人的なエピソードを書いてしまいました。

そうそう、死後に近いですけど、“ハレ”と“ケ”という言葉がありますよね。
単調になりがちな普段の生活“ケ”に変化とけじめをつけるための“ハレ”という特別な日といことのようで、祭りや年中行事などが“ハレ”になります。
もしかしたら、あの不思議な感じというのはこの二つの間を行き来する時感じられるのかも、なんて思ったりも。
ということで、亡くなった方の霊を供養するお盆は“ハレ”なので、今生きている私たちのとってもとても大切な行事だということです。いつもの忙しい生活とは違うペースで亡き方々に思いを寄せるのもいい機会かもしれません。
何とか着地点を見つけました(笑)。

因みにライブも(かなり強力な)“ハレ”ですからね。





■-立秋
 >> ゆき  08/07(Tue) 21:36[5733]  



立秋の今日、京都の最高気温も34.9度と、やっとひと息つけた感じです。
それでも、平年並みの暑さなのですが、連日38度、39度という猛暑の後では、34度はしのぎやすく感じます。
ほんとに今年の京都の暑さは異常です。
きよしさん、奥さま、ご無事でしょうか?
この暑さでは、散歩も危険ですね。

昨日10月19日のRAGでのライブのチケットを買って帰りました。
秋というには、まだ少し早いかもしれませんが、無事にこの夏を乗り切って、元気で会えるのを楽しみにしています。

まだまだ油断ができない暑さが続きそうです。
みなさまも熱中症に気をつけて、お元気でお過ごしくださいね。


■-観ました!
 >> 赤い風車  08/05(Sun) 21:49[5732]  



「グレーテルのかまど」
楽しみにしている番組です。
アイスなのに温もりを感じましたね。

チリンチリンのアイス。
リアカーを引っ張る様子を観て
幼い時、同じような感じで
お饅頭など和菓子を近所まで
運んできてくれるオバチャンが
いました・・・・。


■-安心しました
 >> jun  08/05(Sun) 11:45[5731]  



ジョノさんがカナダへ一時帰国と聞いて、ちょっと心配だったので安心しました。
少なくともきよしさん家族はお元気で、ジョノさんも祭りで神輿を担いだ後無事だったということですものね。

異常な暑さだし、昨年と違って番組からの宿題もない夏休みなので、まずは安全に、そして是非とも好きなことをして美味しいものを食べ、自然に触れて…とリフレッシュしてくださると嬉しいです。
また秋にはあの歌声とギターを聴かせてくださることをとても楽しみにしています。




■-津軽のアイス
 >> sino  08/05(Sun) 09:12[5730]  



リヤカーの青い屋台のアイスクリーム屋さん。

ミルクも卵も入ってないさっぱりした味。子供の頃から
お馴染みの地元のアイスです。どっちかと言うとシャーベットに近いかな。シャワシャワ、ホワッホワッで、あっという間に口の中に消えて行きます。
NHKの「グレーテルのかまど」というお菓子にまつわる番組でも取り上げてくれたので、ご覧になった方もあるでしょう。

先日、千葉から来た方を岩木山神社にご案内した折、神社のところに、そのテレビにも出ていた顔見知りのアイスクリームのおばさんが居たので食べさせたら、美味しい、美味しいと大喜び。ちなみにその方は大のアイスクリーム好きだそうで、72才の男性です。表情も乏しいなか、その喜びの表情は本物でした。やった〜!。

昔はベルを鳴らして売りに来たので、「ガランガランのアイス」とか「チリンチリンのアイス」とか言ってたけ
ど、番組では「津軽おばあちゃんのリヤカーアイス」となっておりました。きよしさん、食べたいでしょう?。


■-少なくても
 >> しげちゃん  08/05(Sun) 05:10[5729]  



Jono君はバンクーバーにいる(いた)のは間違いないですね。VancityからSNSがありましたから。

御大は大好きなアイスクリームでも食べて夏休み中なんじゃないですか。(奥様から糖質制限うけてたりして・・・)


■-もしかして…
 >> sino  08/05(Sun) 00:25[5728]  



うちの大将、きよしさん、カナダなんかに行ったりしてるんじゃ?。家族皆で、赤ちゃんのお目見えにってことはないかしら?。しげちゃん、どう思う?。

■-たしかに
 >> sino  08/03(Fri) 22:40[5727]  



ありました!。

2008年1月のリクエストライブ向けの、第17回投票に。「絶望」は1票。コメントは神戸っ子さん。

久しぶりに投票所Voteを見て、長年支えて来て下さった方々のお名前を拝見し、素晴らしいな〜と思いました。
きっと、この掲示板も、ずっと見ていて下さってるんだろうな〜と。

皆さま、時々は登場してくださいね。存命かどうか明らかにして下さらないとね。…(笑)

私、さも若そうに言ってますけど、実は…実は…なんでございます。それこそ「絶望」?。…(笑)

■-「絶望」
 >> 神戸っ子  08/03(Fri) 00:53[5726]  



自慢するわけではありませんが、きよしさんの「絶望」聴いたことがあります…というより何回も繰り返し聴きました。
あれはたぶん40年ぐらい前、私が高校生の頃だったと思いますが(年がわかりますね)、ラジオでサンデーサンバセッションの特集をやっていて、カセットテープに録音していました。
マリア・クレウーザさんの歌も素敵ですが、日本語の歌詞がとてもいいので、ぜひきよしさんにもう一度歌っていただきたいです。ずっと曲名がわからなかったのですが、この掲示板できよしさんに教えていただけて感激したのが10年以上前。リクエストライブにも投票したことがあります。
家にはまだカセットデッキはありますが、テープが切れないか怖くてしばらく聴いていません。

■-つづきの話っこ
 >> sino  08/03(Fri) 00:09[5725]  



津軽では何にでも「こ」を付けて言ってました。
今でも言ってはいますが、昔ほどではないかな。

「ねぷた」は「ねぷたっこ」
「りんご」は「りんごっこ」
  「歌」は「歌っこ」
「歌を歌おうよ」は「歌っこ歌うべし」な感じ…(笑)

「ねぷた」ズラリと並んでました。ドンコドンコと太鼓が響いて、ヒャラヒャラ笛が鳴って、あたり一面明るくて、要はデカい燈籠ですからね。そんなに、期待していた訳でもないのに、なんですかね〜、やっぱりいいなぁ
大人も子供も、ずっと出番を待って、歩き始めると大きな口を開けて「ヤーヤドー」と懸命に声をあげている姿は、誇らしげでグッとくるね〜。

次から次と扇型の同じようなねぷたが通って行くのだけれど、絵の違い、扇の形、行進していく人の様子などで、いいねぷただね〜、なんて感想が自然と湧くものなんですよ。昨日も今日も雨も降らず、本当に良かった。
結構、雨に降られる年も多く、和紙で出来てるので、ビニールかぶせても悲惨です。私も、子供の頃は町内のねぷた、大人になってからは職場のねぷたを引っ張って来たし、息子たちを連れて自由参加ねぷたに途中から入って引っ張ってた事もあった。引っ張ってると他のねぷたが観れないけど、高揚感があっていいもんですね。

もう今は、一見物人。一時間程で帰って来ましたが、出陣待ちのねぷたがまだ何台も残っていた。長い坂を一本下って家に着くと、あの沢山のねぷたを観たことが嘘のように静かなんだよな〜。祭りってどこか夢を見てるようなところがある。 

しげちゃんの方の祭りはどんな感じですか?。


■-はいはい
 >> sino  08/02(Thu) 15:29[5724]  



こちら、弘前です。

「ねぷた祭り」一日から始まっております。今回は77団体が参加だそうで、審査が一日二日と二日間あり、昨日は観ておりませんが、今日は私も見物に出かけようかな〜と思っております。ご承知のように(?)青森市は「ネブタ」で大型の人形型、弘前市は「ねぷた」で扇型です。動の青森、静の弘前といったところでしょうか。


今でこそ、毎日が合同運行で、見に行く人には大変に便利ですが、私が子供の頃は、審査日一日だけ合同運行で
あとは、てんでバラバラに各町内を中心に市内を歩くので、一堂に観れる感じでは無かったのです。ある意味、
観光化されたのです。それと共に大型化もし、狭い小路まで入り込めなくもなってますね。
思いも掛けないところで、ねぷたに遭遇するドキドキが
なにか、未だに懐かしく、笛の音とともに、遠ざかって行く姿は一抹の淋しさが漂って、いいもんだったな…。
時間がないので、つづく…。(笑)


■-お気をつけて
 >> quesera  08/02(Thu) 14:22[5723]  



きょうもめっちゃ暑いです!
全国各地で、命に危険を及ぼす暑さ云々、何とも怖ろしい響きです。月が変わったから、この夏もあと少しの辛抱⁈ なぁんてつい思ってしまったのですが、とぉんでもない! まだ8月になったばかりなんですよねぇ。

宵々々山の街をぶらついておきながら、きよしさんの「こちら」から今更ながらのお勉強。祇園祭って八坂神社の祭礼で、7月の1ヶ月間にもわたり行われるんですね。当然、御神輿が主役、有名な山鉾巡行は祭礼行事の一つだったんだぁ。婿殿ジョノさん、御神輿担がれたのですね。さぞ、いなせな男っぷりだったのでは。ん、京都でも「いなせ」っていうのかしら。

ライブの夜から瞬く間の日々。この速さで酷暑の夏も去っていってくれればいいのだけど、これに関しては一日が長くて、日没が待ち遠しいくらいです。涼風が、ううん贅沢はいいません、ふつうの夏が恋しい。
秋の歌を聴いてせめて気分だけでも思いましたが、いえいえ、いっそのこと、サンデーサンバを聴きながら、あの熱気ムンムンのライブハウスのようにサンバステップに興じちゃった方がいいかもしれない。

このような暑さが続くと、だんだんと体力を消耗していくのだそうです。熱中症は子どもや高齢者ばかりでなく、屈強な男性でもなります。
ほんと、みなさん、お気をつけて。


>>修正・削除は、記事Noと投稿時に入力したパスワードを入力し
edit又はdeleteを選択し、updateボタンを押下して下さい

No. Pass
kakikomitai Ver0.96 Created by Tacky