[HOME]

お名前
メールアドレス
ホームページ
タイトル        
メッセージ
背景色
パスワード (修正・削除に使用します)


■-金木犀の香り
 >> 長谷川きよし  10/15(Thu) 13:43[6678]  



(この記事は常に先頭に表示されます)


「京都は金木犀の香りはまだです」と書こうと思っていたら、数日前、知恩院の辺りを歩いていた時あちらこちらでほのかな香りが通ってきました。
最近はすべてのものの季節感が変わってしまって、気持ちまでもが乱れてしまいそうです。
皆さんの地方の金木犀はいかがですか?
高校生の頃、埼玉の浦和から通っていた同級生の家に遊びに行ったとき、近くの森でむせるような香りに包まれて魅了された記憶が蘇って来るのです。
前に予告していた松尾和子さんのことです。
しげちゃんも同じように思っているようですが、彼女はただのムード歌謡の歌手ではないと思います。
戦後、進駐軍のキャンプなどでジャズを歌い始めたことがきっかけになって歌謡界に入った後も、ステージではジャズを歌っていたと聞きました。実は、サンデーサンバセッションやお登紀さんとのライヴアルバムでドラム、パーカッションで参加していたアントニオ・石田は松尾さんのバックバンドのメンバーだったのです。
彼女は日本の歌手としては数少ないファルセット(裏声)ヲ使わずに高い音域まで歌える人でした。
僕にも何故かは分からないのですが、日本の女性シンガーは高い音域になるとほとんどファルセットに逃げてしまうのです。日本人はそれが好きなようです。発声方の違いだと思うのですが、海外のアーティストは一部の例外を除いて地声で歌います。
音楽はその人がいいと思うものがその人にとってのいい音楽だと思うので、これは僕の好みということになりますが…。
火曜日深夜にはフランク永井の特集パート1を放送していました。「公園の手品師もかかりました。この二人を円熟の年齢で失ったことは本当に残念なことだと思います。

■-メランコリー
 >> sino  10/18(Sun) 10:42[6682]  



は、松尾和子さんの歌を繰り返し聴いた。
綺麗にお化粧した黒っぽいドレスの彼女が、じっと前を見据えて歌うのに釘付けになった。

とても悲しいし、とても気分に浸れる。
大人の女の人のイイ出汁が出てる声で、沁みてくる。
おいしいお出汁の旨味が身体に沁みるように。

あ、また食べ物の話になっちゃった。(笑)

この曲に関しては、抑えた色っぽさだけど、時に色っぽい無声音が過ぎてる時などは困っちゃう時もある。

その点、きよしさんは男性だし、どこか爽やかだ。
悲しさも透き通っているように感じる。
もちろん、大好き。早くライブで聴きたいな〜。


■-声話
 >> jun  10/17(Sat) 16:05[6681]  



松尾和子さんはムード歌謡しか知らなかったので、初めて聴く歌とお話ありがとうございます。こういう方の歌は今となっては貴重ですね。

きよしさんの言う女性シンガーのファルセット頼りですが、ちょっと不思議な気がします。
一般的に日本女性(特に若い方)の話し声は欧米人に比べて高め、そして可愛いです。西洋映画のオリジナルの女優さんの声はだいたい低め。高い声はどちらかと言うとコメディタッチの人物に出てきます。
なのに、歌となると日本では多くが裏声に「逃げる」のに対し、あちらでは高い領域でも確かに地声で力強いものが多い。
これはやはり日本人と欧米人の声帯の違いでしょうか。もっと言えば、体力、骨格、筋肉量や質の違いなども含めるのかもしれませんが。
まあ、女性の場合、モテ声はその社会とも密接に関係するので単純には比較できませんが、男性も欧米人とはちょっと違いますよね。
数年前にライブで聴いたマキさんのhusbandのジョノさんの声もやはりJapanese voiceとは違う、深いところに野性味のある魅力的な声でしたもの。

ホント、声にはそれぞれ好みがあるからどうでもいいのですが、わたしゃやっぱりあの方の歌声が…ね。(笑)

■-仰せの通り
 >> 長谷川きよし  10/15(Thu) 15:39[6680]  



戦闘湖底にしましたよ!
「こちら」なかなかの選曲でした。
「再会」をアップしようとしたらかなりしつこい広告がついてくるので止めたのですが、やはり改めて聴いてほしいのでアップします。

こちら

■-グッドタイミング!
 >> しげちゃん  10/15(Thu) 14:54[6679]  



きよしさんの書き込みによる松尾和子さんの動画情報です。ホーギー・カーマイケル(詩はミッチェル・パリッシュ)畢竟の名作「Star Dust」

こちら

と、アントニオ・カルロス・ジョビンの手になる
「イパネマの娘」です

こちら

我が家の庭の金木犀も窓を開けると馥郁とした香りが漂ってきます。
きよしさん、[6678]はしばらく先頭固定に願います。



■-いちじく?
 >> 赤い風車  10/14(Wed) 19:33[6677]  



いいですね、スーパーでも
売っているのを見たことないです。

栗も果物専門店でしか見なくなりました。

この秋の目標は
季節限定の栗のスイーツを見つけたら
食べてみる!です。
季節を大いに感じるために。

今年、庭の栗の木に3個だけ
栗がなっています。実が入っているとは思われない
小さなイガイガですが。
「桃栗三年、柿・・・」って言いますね。

先ほど。
母から電話が来て
おすそ分けするものがあると
言っていました。
知り合いから送られてきたもの
だそうです。

その名は
「レインボーキウイ」です!



■-秋には
 >> sino  10/13(Tue) 23:38[6676]  



いろんなものが集まって来る。

いちじく、きのこ、くり、ぶどう、りんご、などなど
これらは、み〜んな頂き物。多く頂いたものは更にお裾分けして、美味しいものが、人から人へと渡って行く。
私、食べ物に恵まれた良い季節に生まれて、幸せだな〜と思います。皆さんの所へも何か秋のお裾分けは届いていますか?。

■-声というものは
 >> jun  10/09(Fri) 20:43[6675]  



しげちゃん、ありがとう。
声と年齢、関係はあるのでしょうが、こういう声の持ち主もいらっしゃるのですね。
ホント、素晴らしい声です。

声というものは不思議なものなんだ

聴くたびに嬉しくて
聴けばまた切なくて
聴かなきゃ悲しくて
聴かずにいられない〜

な〜んて、すいません一部言葉お借りしました‥(笑)ここの読者なら勿論あの声ですよね。もう長いこと耳にしていませんもの。
先日月を眺めながら、私もきよしさんが心にぽっかりと浮かんできました。花札で言えば「芒と月」が「きよしと月」になってしまったようなものです。

まあとにかく、80歳までまだまだ。まずは来年に期待しましょう。


■-夏生まれ
 >> 長谷川きよし  09/29(Tue) 19:42[6665]  



この掲示板にはなくてはならない皆さん揃い踏みで賑わってなんともうれしい限りです!
例の「赤い訪問者」のお掃除ですが、オフィシャルサイトの主催者で、一日に何度もこのページを開いている僕が片づけるのが一番の早道だと思って、最近は管理人に教えてもらった方法で即座に退散願うことが出来るようになりました。
junさん、タイムリーなフォローありがとうございます。
…と投稿しようと思っていたらまた入ってきたのですぐにやっつけました。
夏が苦手な夏生まれとしては、「さわやかな秋の空気に入れ替わります!」という予報に何度も裏切られて待ちくたびれて、やっと訪れた秋本番の数日間を堪能しています。
数日前、さわやかな風と秋らしい日差しの中我々夫婦と娘、孫の4人で、南禅寺散歩を満喫してきました。

■-動画情報です。
 >> しげちゃん  10/05(Mon) 09:47[6674]  



御年80歳の”Sir Tom Jones”

1:10辺りから曲が始まります。好き嫌いは別にしてこの張りのある歌声…素晴らしい!!感動ものです。

こちら

因みに9年前の同じ曲の動画もありますが現在の方が断然いい!


■-お月様
 >> quesera  10/04(Sun) 10:40[6673]  



お月様はいつのときも好きですが、特に仲秋のこの時期、金木犀の香りに満月を仰ぐ、それだけで幸せを感じます。
思い出すことがあります。
それは10年前の10月、私にとっては後にも先にも1回きりの海外旅行中のことでした。
パリ在住の友人に、朝からあちこち名所を案内してもらい、夕方にはピアノコンサート、晩ごはんはバケツ一杯のムール貝と、身心ともにお腹いっぱいの1日を過ごしたのでした。友人には感謝しかありません。
夜9時ごろになっていたと思います。「今朝通ったから、ホテルまでだいじょうぶよね」といって、彼女はそのまま地下鉄に乗って、郊外の家族の待つ自宅に帰っていきました。私は「うん」と笑顔で答え、ひとり降りたものの、不安でみるみる気持ちが萎んでいくのが分かります。
階段を上って外に出ました。レトロな外灯、その向こうに、白い月が浮かんでいます。あっ、日本と同じ……
あのときの気持ちは、10年経った今も忘れません。異国の夜道を、馴染みのお月様に背中を押されて、私は歩きました。もちろん、無事にホテルに着いたことは言うまでもありません。

■-ポッカリ
 >> しげちゃん  10/03(Sat) 22:44[6672]  



月が出ましたら
舟を浮かべて 出掛けませう (湖上 中原中也)

もう、6年近く前のことですが毎年秋に我が地元で、きよしさんのライヴが行われていました。駅までマイカーできよしさんご夫妻を迎えに行き、会場までの車中の会話の中で奥様が「琵琶湖に浮かんだお月様(確か中秋の名月だったような記憶が…)が綺麗でムーンロードも映えて素敵だったとの話をされていました。

当然、その日のライブでは「Fly me to the moon」と「湖上」がアンプラグドで聴けたことは言うまでもありません。

きよしさんご夫妻のほっこりエピソードでした。


■-月を
 >> sino  10/03(Sat) 16:05[6671]  



私も見ていました。

きっと、いろんな所から今この時、見上げているんだろうな〜と思いながら。

いつだったか、きよしさんの体調を思いながら、掲示板の皆が月に託して、見上げていたことがあったな〜。

そんなことを思い出していました。


■-またも月見の話
 >> jun  10/02(Fri) 21:16[6670]  



先程テレビで言っていたけど、中秋の名月は昨日だけど、実際の満月は今日だとか。今見たら確かに真ん丸でした。まあ、昨日逃した人は今日でもいいのでは、といい加減な私は思うのですが…。

古の時代から愛でられている、心に届くような清らかな光を放つ月。神話の月の女神ルナ(Luna)を語源とするだけあって、人間に及ぼす影響は凄いものと言われています。
月光浴は心のデトックスにもなり、その時に水を一杯飲むと運気が上がるらしい。ワインでもOKかどうかは、どうでしょうね(笑)。
「きよしパワー」が得られない今、是非とも月のパワーをもらってコロナ疲れから回復しましょう。

それにしても、月明かりの下、家族そろって特別なワインで乾杯なんて素敵ですね。
これからも長谷川家に幸あれ!とファンの私は願う満月の夜でした。


■-十五夜
 >> 長谷川きよし  10/01(Thu) 23:04[6668]  



こちら9年半暮らして慣れ親しんだ京都東山の3階建ての借家の屋上から、お月様好きの妻恵美子(えみ)のリードのもと、南アフリカで作られたシャンパン方式のスパークリングワイングラハム・ベックで家族4人そろって乾杯しました。
これはネルソン・マンデラ氏が南アフリカ大統領に選出された祝賀会と、オバマ氏が大統領選出馬を決めた夜に妻と二人でグラスを上げた意味深いものなのです。
しげちゃんと同じ夜、僕もラジオ深夜便の松尾和子特集聴いてました。松尾和子の歌については、また少し長い能書きをお話ししたいので、改めて近々書きます。

■-中秋の名月
 >> jun  10/01(Thu) 17:59[6667]  



ただ今、夕食の用意をしながら東の空を見ると、低いところにオレンジ色の月見えました!

■-びっくり
 >> NAO  10/01(Thu) 14:49[6666]  



目障り広告のお掃除、きよしさん自らがやってくださっていたんですねー!
ササッとお掃除、ありがとうございます!
…と書いていたら、頭の中に、きよしさんが竹箒を持ってお掃除しているお姿が浮かんでしまいました。
BGMはもちろん『公園の魔術師』
らららん、らららん、らららん…
または『落葉たき』
あーさ掃き、ひーる掃き、夕べ掃き…
お疲れ様でございます。(私は今、パソコン越しに頭を下げております)

東京は朝方の雨も上がり、爽やかな秋の空気です。
子どもの頃は秋という季節はもっと長かったと思いますが、年々秋は短くなっていますね〜。
さて、栗のケーキでも買ってきちゃおうかな。

■-私はこれからだからお姉さん
 >> sino  09/29(Tue) 14:15[6664]  



って、[6658]で意味不明な事言ってましたね、私。

すいません。この頃ちょっと部品が狂って来てまして、
ご迷惑をおかけいたしました。

何事も感じてない様に、しげちゃんは答えてくれてたけど、きっと困惑させちゃったよね〜。

えっ、慣れてる?。こりゃまた失礼いたしました!。

それにしても、秋生まれオンパレードだわ〜。中には
春生まれの秋好きもいて賑やか。まだ申告されてない方は、お早めにどーぞ。…(笑)

■-天秤座
 >> ディアナ  09/28(Mon) 23:17[6663]  



秋生まれで盛り上がっているので、お邪魔します。私も10月4日生まれの天秤座です(笑)やはり秋が一番好きですね。

■-メルシー!
 >> jun  09/28(Mon) 21:35[6662]  



しげちゃん、グレコの長いインタビューありがとうございます。とても興味あるメッセージで、彼女の力強い言葉に心打たれます。
「自分が愛する詩しか歌わない」というところは、きよしさんと同じ姿勢ですね。本当のアーティストに共通しているのでしょうか。

ところで、ちょっと2,3日読まなかったらある方はめでたく一つ歳を重ね…え?常連の皆さんは秋生まれ?
春生まれで秋好きの私は羨ましくて仕方ない。
(でも春も実はかなり好きなのだけどね)



>>修正・削除は、記事Noと投稿時に入力したパスワードを入力し
edit又はdeleteを選択し、updateボタンを押下して下さい

No. Pass
kakikomitai Ver0.96 Created by Tacky