[HOME]

お名前
メールアドレス
ホームページ
タイトル        
メッセージ
背景色
パスワード (修正・削除に使用します)


■-リクエストライヴについて
 >> 長谷川きよし  07/31(Wed) 23:12[6205]  



(この記事は常に先頭に表示されます)


リクエストライヴをなんとか実現しなければとずっと気になっていました。年末のRAGはどうかなと考えています。東京でとも思ってきたのですが、相応しい場所が見つかっていない状況なので、京都では?と考え始めています。皆さんの意見も聞かせてください。

■-甲子園
 >> sino  08/17(Sat) 18:37[6217]  



すごい野球ファンというのでもない私ですが、さすがに昨日の高校野球は観ました。

地元青森県の八戸学院光星の試合です。投手について、脇で見てる息子のいちいちの、ちとうるさい説明にウンウンと頷きながら、一喜一憂する楽しさよ。結果して勝利。この後は強豪揃いで難しそうですが、なかなか良いチームに見えたし、もしかしたらもしかするんじゃないの〜なんて、素人はうかうか考えてしまいます。

今、どこよりも熱いのは甲子園ですね。

■-夏があった夏。
 >> 赤い風車  08/13(Tue) 11:16[6216]  



こちらも暑かったです。
いつもに・・・戻ると
いつもでいいよねって
言い合っている方がいましたが。

電気店では扇風機が消えました。

エアコンを取り付けたい
ような気持になりました。

夏だから冷やし中華を食べる!でしたが
暑いから食べると・・・。ホントに
おいしかったです。

今もお暑い所にお住いの
きよしさん、みなさま
お体にお気を付けくださいませ。

リクエストライヴの
実現、うれしいですね。
あれこれと考えられるあの時間が
楽しかったです〜〜。









■-リクエストライブ
 >> quesera  08/11(Sun) 09:46[6215]  



きよしさん、みなさま、全くもってお暑うございます。
リクエストライブ、いいですよねぇ。
かつて地の利の恩恵にさんざん浴した身としては、贅沢は言えませんが、行ける行けないはさて置いて、彼の地、此の地、きよしさんの想いに叶う場所ならば、どの地でも。
だってぇ、地の利を言い出したら、いっそ、リクエストライブ全国ツアーでもしていただかないと。まさかねぇ、それじゃあ、本末転倒っていうか、ないですよねぇ。
話は遡りますが…
MIKEさん、酔うといつも同じことを何度も繰り返す人、私も好きです。酔ったふりをして踊りを申込む人も。あのころは、 歌の中の恋を憧れに近い甘酸っぱさで聴いていました。そして、何十年も経た今は、俯瞰した甘酸っぱさ(そんな言い方あるかしら)で聴いています。
人の心は移ろいゆくもの。でも芯の部分は変わらない、今もあのころも。また聴きたいですね。

■-リクエストライブ
 >> ちゃぶ  08/09(Fri) 11:50[6214]  



 京都でしていただけると嬉しいです。
 もっとも、週末でないと参加できませんが。

■-リクエストライヴ
 >> くみこ  08/08(Thu) 18:41[6213]  



リクエストライヴの再開とても嬉しいです!一度も参加したことがないので京都でも東京でもタイミングさえ合えば駆けつけたい気持ちでいっぱいですし、ラグにももう一度行きたいです。時期的にはやはり冬よりも春がよいように思いますが、春なら確実に参加できますと言えないのが残念です。

sinoさんへ
今回は里帰り中弘前の友人たちと会う話が急にまとまり短い滞在だったので、一番思い出深い場所を散策しただけで残念ながら弘南鉄道には乗車しなかったのです。本当にいつか弘前の話が出来たらよいですね。

 >> ファンブリアーナ  08/08(Thu) 03:54[6212]  



やはり遠い。でも行きたい。。。。

■-地の利か〜
 >> sino  08/07(Wed) 09:37[6211]  



私の所からは何処も遠いね〜。(笑)

でも、来年となると調整できるかも知れないね。だから皆さんも是非行きたいを目指してみたら如何でしょう?。ダメ元だよん。
何にしても、嬉しい悩みに違いないよ。きよしさんにとっては、
少しでも余裕の持てる選択技なんじゃないかしら。

京都に友達でもいたら、一石二鳥なんだけどな〜。(笑)

■-リクエストライブ
 >> モズライト  08/05(Mon) 20:29[6210]  



久々のリクエストライブは嬉しいですが「ウ〜ン京都かぁ…」と言うのが私の率直な気持ちです。NAOさんと同じく京都は地の利がよくないので参加は無理かと思われます。いままではリクエストライブ=BUDDYでしたので、静岡から一時間ほど、電車の乗り換えを考慮しても二時間弱で会場まで到着できました。京都はその二倍の時間はかかってしまいます。そうは言っても京都も時間を作って行ってみたいですね。 まあ何処に決まっても投票には参加します。




■-暑中お見舞い申しあげます
 >> jun  08/03(Sat) 16:34[6209]  



皆様お元気でしょうか?
今日ラグの申し込みをしました。この整理番号だと目の前で聴くことができそうです。久しぶりのライブに失神なんかしないかしら...(笑)

さて、この暑さでものを考えるのもままならない毎日ですが、「リクエストライブ」の文字を見た途端、シャキッ!そしてワクワク...。人間って単純なものです(いや、私が..か)

NAOさんの言う通り、確かにリクエストライブってあの投票そのものがお祭りのような参加型の一大イベントですよね。他の人の投票もやけに楽しみで結果は意外とどうでもよかったとして...(笑)
長年眠っていた曲やあの方あたりからも無理難題が出て(きよしさんにとって)いい刺激になったり..ね。

それにしても東京はたくさんいい会場がありそうだけど意外とぴたっとするのがないものなんですね。ファンが多い東京と思っていましたが、それじゃあ仕方ない(笑)、地元ということでやはり京都かな?。
時期は来年の春から梅雨前までを希望。いかんせん来年の秋までは待てないですよね〜。
他の方のご意見もお待ちしています。

■-久しぶりのリクエストライブ!
 >> NAO  08/03(Sat) 08:58[6208]  



京都は、自分にとっては地の利はよくないので(笑)おそらく参加はできません。
それでもどこかでリクエストライブが実現して、参加のみなさんが大いに盛り上がる姿を想像するだけで、とても楽しくなります。
ということで場所はお任せします。

参加できなくても楽しめる理由は、ひとえに「投票には参加できる」ことにつきます!
何の曲を投票しようかな〜、コメントはどうしようかな〜、とワクワクします。
久しぶりの投票になるので、時間はゆっくりとってもらってもいいかも知れませんね。
年内ではちょっと早いかも?

■-RE: しげちゃんの言う通り!
 >> 長谷川きよし  08/01(Thu) 07:08[6207]  



ちょっと暫くしげちゃんのメッセージがなかったから、僕のツッコミがジョークにしては強すぎたのかなと気になっていましたが、これで安心しました。
自分で書きながら、ここでインフォメーションした後に、投票所かなんかで皆さんの意見を聞いたほうがいいかなと思ったりしていたところでした。取りあえずは、しげちゃんの言う通りここで皆さんの意見を聞かせてもらうことにします。
個人的な地の利の都合(?)からでもかまわないので遠慮なく書いてくださいね。

■-リクエストライブの場所は
 >> しげちゃん  08/01(Thu) 06:32[6206]  



地の利を考慮に入れて大賛成!ばあさんも含めて二票です。

ただ、期日についてはリクエストの期間やきよしさんの準備のことも考慮に入れると(勝手な想像ですけど…)来年の春先がベストなのかもしれませんね。

皆さんもどしどし意見を書きましょう!


■-特別な町第2弾
 >> 長谷川きよし  07/24(Wed) 11:52[6193]  



弘前との縁はデビュー間もない頃から85年くらいまでだったでしょうか?思い出すことは色々あります。桜の名所として全国に知られた城跡の公園もあって歴史もあり、大学もある精なのか学生も多く、どこか新しい感覚もある町の印象は心に強く残っています。
ある年の真冬の時期に行った時、当時一緒に演奏していたピアニストの乾さん(かなり前に亡くなってしまいました)とは鉄道ファンという共通点もあって、弘南鉄道に乗ってみたいねと話がまとまりました。真冬の弘前ですから雪はかなりの量が積もっています。その中を弘南鉄道の弘前中央でしたっけ?始発駅から乗って終着の大鰐を目指しました。途中ほんの思いつきで松木平というこの何も無い駅で降りてみようかという話になって降りたまでは良かったのですが、駅前には本当に何も無くて、駅舎もなければもちろん待合室もない、時間を過ごす店もありません。次の電車が来るまでには30分はあるということが判明しました。雪の中でまずは二人で写真を撮ろうということになり、やむなくカメラを雪の中に少し角度を付けて置き、一応撮影はで来ました。その後どうしていたのか今となっては思い出せません。
コンサート会場としては、市民会館はもちろん林檎関係の組合が持っているホールも確かにありました。萬燈籠という浅川マキさんもお気に入りだったライヴハウスでも何度か歌いました。今調べてみたらついに、2018年閉店とありました。娘のマキがまだお腹にいる頃妻と二人で行ったことも良く覚えています。
僕は方言が大好きで、一時東北にも良く言ったのでまねがうまくて、タクシーに乗って「きみよ旅館」と言うのですが、まったく通じない。そこで得意の津軽なまりで言ったら即座に分かってもらえたというエピソードもありました。林檎園のまっただ中にあった緑が丘ホテル?の雰囲気も大好きでした。シャイニーという林檎ジュースも忘れられなくて取り寄せたりもしていましたが、今はネットショッピングでどこでも扱っているようなものになったんですね!
長く歌ってきて、地元の人もあまり知らないような町で、その時期にしか出会えない美味しい食べ物もたくさん味わえました。こんな旅をしたアーティストもそうたくさんはいないと思います。そういうことが僕の宝物です!

また書いてみます。

■-くみこさんへ
 >> sino  07/31(Wed) 08:07[6204]  



先を越されてしまいました。…(笑)

30年ぶりに中央弘前駅から電車にも乗ったのですか?。
大鰐には度々行きます。車で行ってしまう事が殆どで、電車は「今日は乗るんだ」と思わないと、なかなか機会が無いのですが、平野の向こうに裾野を引いて座っているかのような岩木山を眺めながら、こんなのんびりした気分を味わえる電車を無くしたくないなぁと思います。

私がそちらへ行くことが出来て、お互いを確認できる日が来たら、思い出の町弘前の話をしましょうね。

そう、昨夜あたりから、ねぷた囃子があちこちから聞こえています。いいもんです。夜の空が艶めいて感じられます。

■-弘前へ
 >> くみこ  07/29(Mon) 14:34[6203]  



きよしさんの「特別な町弘前編」、皆さんの色々な話題の投稿、楽しく拝見しています。

弘前へは今月上旬行ってきたばかりです。実に30年振り位。確かに岩木山は健在でした。記憶にあるよりも間近に見えてその迫力と美しさにびっくり!弘前中央駅(それとも中央弘前駅?)の小さな駅舎が昔のままの佇まいだったことにも驚きました。一時期(79年頃)弘南鉄道で大鰐まで毎週通っていたので懐かしかったです。きよしさん、乾さんと一緒の電車に乗り合わせていた可能性もゼロではないかも???

そろそろ「ねぷた」ですね。Youtubeでヤーヤドーのかけ声を聴くことにしましょう。


 >> MIKE(みけ)  07/27(Sat) 22:40[6202]  



 I REMEMBER CLIFORD に関する情報、しっかり拝読。大好きな歌い手がどんないきさつでその曲を歌うことになっていったのか、を知ることはとっても嬉しい。それから、、、ブラックジョークとしてのお問い合わせに関して、、、。迷った挙句以下に記す。今の、特に「夜はやさし」あたりからの創作、選曲は心が温かくなる。本当に。でも昔むかしの、切なすぎて泣けてくるような男女の機微を描いた曲が大好きなのは事実。恋しい日々へ夕陽が滑り落ちたり、孤独の闇の中で冷えた体を抱きしめたり、同じことを何度も繰り返す酔っぱらいを見守ったり。当時感じた共感は懐かしいだけではなく、ずっと心に刺さったままになっているから。「透明なひとときを」、みたいなボサのスタンダードっぽい香りがして、しかも男女のややこしい関係を描いた新曲が聴きたいっ!失礼いたしました。

■-懐かしの町
 >> sino  07/27(Sat) 13:34[6201]  



記憶の中の「弘前」へ引き戻されるような気分になりました。あの当時は感じていた、雪の日の匂いまで思い起こされてジンとしてしまいました。

きよしさんの記憶のスケッチがあまりにも弘前を上手く捉えていて、普通の訪問者が辿り着けない弘前に触れているように思いました。馴染みのある名前・場所を色々あげて頂きましたが、決してメジャーではないところが面白い。そして、ちょっと外れたところに面白味のある町が弘前だったのだという思いが湧いてきます。

萬燈籠・緑ヶ丘温泉ホテル・きみよ旅館、いづれも、記憶の中にしかない場所になりました。
弘南鉄道だけはまだ頑張って走っていますが、乗客は少なくなって、苦戦しています。

でも、岩木山だけは健在。大丈夫!。…(笑)

きよしさんには、弘前は大きなプレゼントを頂いていますからね。「鳩笛」の歌詞の津軽は、私の中では弘前と翻訳されています。…(笑)
素敵な曲を歌っていただいて、ありがとうございます。
いつも、いつも、嬉しく思っています。


■-久々に来ました
 >> カワグチタカアキ  07/27(Sat) 01:42[6200]  



拝啓 長谷川きよし様
デビュー50周年、おめでとうございます。
大変ご無沙汰で、失礼しております、西宮のカワグチタカアキです。

私は、指先の痛みで何年間か、ギターが弾けなくなり、音楽とも少し離れていました。最近やっと少し弾けるようになってきましたが、まだイマイチです。
そんなこともあって、生のライブ・ステージに足を運ばなくなってからも、随分時間が経ちました。また、お邪魔させていただきたいと思っています。
でも、YOUTUBEで、きよしさんの歌とギターを、よく聴かせてもらっています。

私の人生を狂わせてしまったのは、中学生の時に聴いた、ハーブアルパートのトランペットと、長谷川きよしの歌とギターであることは、間違いがないと思っています。
でも、今、ふり返ると、それが良かったんだ、と、時々思ったりしています。
あと2年半で定年退職して、また、音楽を楽しむ人生に戻りたいと、思っています。
きよしさん、50年間ありがとうございました。今後ますます、お元気にご活躍下さい。また生演奏を聴かせてもらいに行きます。

■-追加情報 クリフォード・ブラウン
 >> 長谷川きよし  07/26(Fri) 12:36[6199]  



クリフォード・ブラウンについて、いつものことながらディテールが長すぎて話が長くなるので、僕としてはかなり説明を省略したところもあって、伝わりにくかったかなという気がしてきました。
その当時のトップジャズメンたちの称讃を受けて期待を集めながら、25歳の若さで交通事故で亡くなってしまった天才トランペット奏者クリフォード・ブラウン。テーマの演奏はもちろん、アドリヴでもまるで歌っているように、柔らかな音色で聴く者を引きつけずにはおかない類い希なミュージシャン“Clifford Brown”、その早過ぎる死にショックを受けてベニー・ゴルスンが作曲した追悼の曲が“I remember CLIFFORD”なのです。
彼についてのウィキペディアのURLを紹介しておきます。
こちら


>>修正・削除は、記事Noと投稿時に入力したパスワードを入力し
edit又はdeleteを選択し、updateボタンを押下して下さい

No. Pass
kakikomitai Ver0.96 Created by Tacky