[HOME]

お名前
メールアドレス
ホームページ
タイトル        
メッセージ
背景色
パスワード (修正・削除に使用します)


■-旭川コンサートを終えて
 >> くみこ  06/13(Thu) 14:34[6154]  



ちょうど書こうと思っていたことを、きよしさんに先を越されてしまいました。

50年の積み重ねがずっしりと感じられるコンサートでした。全国各地でファンとの交流を大切にしてきたきよしさんのこと、「特別な想いの町」は沢山あることでしょう。そこで培われてきたものが凝縮されてにじみでたような、そんな気が何故かしました。

1976年か1977年だったと思います。弘前で夫(その時はまだ夫ではありませんでした)に誘われ初めてきよしさんのコンサートに行きました。(その会場にもしかしたらsinoさんもいらしたかしら?)その後あちこち転々とし辿り着いた旭川でこういう展開になるなんてびっくりです。
私たちの行動がきっかけにはなったかもしれませんが、頼りない私たちをみかねて、あるいはコンサートを続けて欲しいからと手助けしてくれた方たちと、熱心に聴きにいらしてくれる方たちの力で、いつの間にかコンサートはひとり歩きを始めたように思います。
この掲示板を通して何かと気にかけて頂いたことも励みになってきました。

終わりは始まりでもあると誰かが言っていました。今年のコンサートは終わりましたが、皆さんから力をもらい新鮮な気持ちでいます。





■-[6148]の追伸
 >> 長谷川きよし  06/12(Wed) 20:48[6153]  



このHPをスタートさせてから、掲示板だけではなく全てのページで、旅の思い出や具体的な町とのつながりなどについてほとんど書かないできました(行った店の話も含めてです)。ここに辿り着くきっかけになった経緯については[6144]付近を見てもらえばもう少し分かりやすいと思います。
また長くなりそうなのでこんかいは要点だけに止めて、長い話はまた近いうちに改めて書くことにします。
このページを見てくださっている皆さんはそんな心配は要らないと思いますが、今回初めてお話しした旭川以外にも、僕にとっての「特別な想いの町」はいくつもあるのです。色々な要素が偶然重なって書いてみる気になったというわけです。

■-旭川コンサート
 >> テッコ  06/11(Tue) 00:23[6152]  



特別な町旭川  今年は、このフレーズが頭から消えません。
住民票が旭川から一度も移動したことのない私には、最上級の響き。

第2回からの参加です。
今年は、周りのが全く目に入らず、ただただ、ステージのきよしさんに集中していました。
例えが下手だけど、ヘッドホンで聞いているような、
身体の芯まで届くような、響きを感じて不思議な気持ちになりました。
隣を見ると、泣くのをこらえている友。
帰りの車の中でも,



■-旭川コンサート
 >> くみこ  06/10(Mon) 19:21[6151]  



きよしさん、昨夜京都に帰られたばかりなのに早速書き込み頂き、私たち実行委員会へのお気遣いまで頂きありがとうございます。

そしてお越し頂いた皆様、陰で支えて下さった皆様本当にありがとうございました。

私もそうですが、コンサートにお越しになった皆様も感動を胸に日常に戻ったばかりできっとすぐには書き込みできない状況の方も多いことでしょう。いつでもその気になられた時に書き込み頂けると嬉しく思います。

会場では毎回、次回コンサートの案内ハガキをご希望の方にご住所とお名前を記入して頂くプリントを配布し、自由に感想を書いて頂くスペースを設けています。毎年本当に多くの方が熱い感想を寄せて下さり今年も多くの感想を頂きその内容に感動しています。ここでご紹介出来ないのが残念です。きよしさんにも少しその内容はお伝えしていますが、私たちにとっても大きな励みになっています。ありがとうございました。

まだ書きたいことは色々ありますが、また後日書かせて頂きたいと思います。


■-旭川コンサートを終えて
 >> 長谷川きよし  06/10(Mon) 13:26[6150]  



このページのトップに固定していましたが、今すぐ解除します。
ぴったりのタイミングで旭川コンサートも、この時期の北海道ならではという好天に恵まれ無事終えられました!ので、もしかして遠慮していた皆さんも、そんなこと知らないというコンサートに来てくださった方たちもメッセージを是非書いてください。主催に関わってくれたスタッフ(ほぼボランティア)のみんなも期待して待っていると思うし、コンサートの中で「旭川に対する強い想い入れについては話したら長くなるので掲示板の僕からのメッセージを見てください」と宣伝しておきましたので書いてくださる方もいると思います。
(ほとんど勢いでたいした遂行もしないままに書いてしまいました。)

■-旭川コンサート
 >> 長谷川きよし  06/03(Mon) 19:17[6148]  



6月8日(土)は旭川でのコンサートです。北九州戸畑の後は、最近激しすぎる天候に襲われ続けている北海道です。
長谷川きよしコンサート実行委員会主催の旭川コンサートも今回で8回目。旭川北高校の芸術鑑賞会に呼んでいただいたのがきっかけで、生徒の皆さんからの素晴らしすぎる感想文の遣り取りなどを通じて、その年の担当だった末廣先生と何度もお話しする機会が出来ました。そこから、実行委員会形式でコンサートをというお話しがあって、次の年にはもう実現したのです。主催の中心メンバーの末廣先生夫妻とは家族ぐるみのお付き合いです。この仕事を通じてのかけがえのない出会いは僕にとって大きな財産だと思います。あと五日後、準備は万全のようですが、問題は天候だけです。祈るしかありませんね。
僕の北海道への憧れは筋金入り、高校の修学旅行の行き先を生徒自身で決めて良いという学校で、多数決の結果、何故か北海道派が山陰方面派に負けてしまったのです!それ以来、憧れの想いはますます強くなりました。
そして、レコードデビュー後(1970年)初めての北海道はやはり札幌でした。憧れの想いは裏切られませんでした。その3年後1972年に旭川に行く機会が訪れたのです。
それから10数年にわたって毎年のようにコンサートで出かけました。色々なことがあって縁がない時期が続きました。そのブランクの後末廣先生夫妻に出会ったというわけです。
僕自身も今インターネットで確認してみて分かったのですが、旭川の町の真ん中に日本初(銀座より早く)の「恒久的歩行者専用道路」旭川買い物公園が開設されたのが1972年だったのです。そのオープンイヴェントに声がかかって行ったことは良く覚えています。
その時に知り合って、僕にとっては数少ない親友として公私にわたって長く付き合っていたのが愛称まめちゃんでした。脳血管系の病気で早過ぎる死でした。
そんな色々な想いが重なって、旭川は僕にとって特別な町の一つになりました。

■-旭川より
 >> くみこ  06/05(Wed) 10:09[6149]  



きよしさん、貴重なメッセージをありがとうございます!
私も色々書きたくなりましたが、コンサート後にゆっくりと、と思っています。

取り急ぎお知らせです。
8日市街中心部では昼頃から午後3時頃まで音楽大行進というイベントが行われます。駅前やコンサート会場周辺は通過しませんがいつもより人出が多いかと思います。一部交通規制のある道路もありますので、市外からお車でお越しの方は気をつけて下さい。遠方よりJRや飛行機でお越しになる方も沢山いらっしゃるので、念のためタクシー会社に問い合わせたところ駅前でタクシーを拾うのに大きな支障はないとのことです。

今のところ8日は最高気温21度C、曇り時々晴れの予報です。このままであってほしいですね。

それでは皆様どうぞお気をつけて。お待ちしています!

■-雲の流れ。
 >> 赤い風車  06/03(Mon) 10:03[6147]  



 きよしさんの書き込みを
受け止めて、パワーをいただき
みなさまの書き込みも
楽しんでいます。

朝の連ドラ「なつぞら」で
「ムーランルージュ」や
「赤い風車」などのワードが出て来ると
勝手にうれしくなっています。
なまら・・という言葉は
小学校のクラスメイトの
男の子が使っていたな!なんて
思い出して。

今・さ・ら
気づいたのかと
夫に言われましたが

雲の動きは左右だけではないと。
動かないうちに
だんだん小さくなって
消えてしまう、白い雲ではなく
ちょっとベージュ色の雲を見て思いました。

こちら側から
あちら側に行ったんだと。
最近「へえ。」と感じた事でした。

ゆったりした気持ちで
きよしさんのCDを聴きながら
数年前から「おにぎらず」が
気になっていて作ってみました。
なかなか、むずかしい。
塩加減も
おにぎりと違ってまたむずかしい。
でも、なかなか楽しい!

今日の頭の上の空は
真っ青で
綿あめのような雲が
かかってます。

みなさま、良い一日を!

■-お詫びします
 >> 永嶋  06/02(Sun) 11:44[6146]  



とりとめのないことを書き、申し訳ありません。またライブに行ける日を楽しみにしております。

■-今日から6月
 >> jun  06/01(Sat) 15:06[6145]  



きよしさん、久しぶりの投稿ありがとうございました。
「おっ!」 で始まり、途中ふむふむ.. と真面目に、でも「話が長くなって何が主題か...」の特徴は私と同じで何か嬉しくなってしまいました。
ファンとしては、是非ともあまり得意でなかったという公の場(掲示板とか)にもう少し顔出してほしいな、と思います。あまり長くお声を聞かないのは淋しいものです。何しろ関西ライブなんて今年まだ一回ですからね(代表してちょっと文句..笑)

さ〜て、今度は北海道!皆さん頑張っていらっしゃるからWドカ〜ン"といくでしょうね。反応が楽しみです。
そして、そして... 7月バースデーライブとなるのでしょうか?


■-久し振りの書込です!
 >> 長谷川きよし  05/31(Fri) 18:51[6144]  



[6142]この質問に答えられるのは僕だけだと思いますがお答えしません。その理由を出来るだけ簡単に話します。
子供の頃から、僕の感覚が普通の人と違う、つまり少数派だということには妙な自信がありました。好き嫌いははっきりしていて主張は人一倍強いのですが、それを外に向かってアピールすることには興味がない。歌手を目指していたのに人前に出て話をするのは苦手でした。50年以上も仕事としてやってきたので今は流石に慣れました。
本当に全国つつうらうら、地元の人もよく知らないような小さな町も含めてコンサートやライヴに出かけました。美味しいものにも魅力的な人にもたくさん出会いました。「旅と出会いと食」というテーマで本を出さないかという話をいただいたこともありました。何かよい方法があれば、今後このサイトのどこかで書く機会があるかもしれません。興味のある方は楽しみに待っていてください。
それとは別に、インターネットという公の場所でなんでも書いてしまうということにも抵抗があります。そんなこともあってこの質問にはお答えしません。
これで分かってもらえたかな?
ディテイルに拘りすぎて話が長くなって何が主眼なのか伝わらなくなるという僕の特徴を避ける意味もあって簡単にしたので、ちょっと心配ですが…。

■- やっと見つけた
 >>  テッコ  05/30(Thu) 07:28[6143]  



 掲示板に藤色見つけました。  くみこさん、待っていましたよ。
 今年も、きよしさんのコンサート 楽しみにしています。
きよしさんも奥様も、遠くからいらっしやるファンの
皆様も、梅雨のない北海道がお待ちしています。
会場は、柱がなく、床も壁も木造です。
ここで聞く、きよしさんの歌声が旭川の音になっていると嬉しいな。
 
そして、もうひとつの楽しみは、みなさんもおなじだと思うのですが、  ここまでにします。


■-そのうなぎ屋は・・・
 >> 永嶋  05/29(Wed) 08:50[6142]  



戸畑のコンサートの時のトークで、前日はヌジェさんとウナギを食べたといっていました。泊りは小倉だとのことだったのと、とても有名なお店と言われていたので、あの店かな?と思いました。終演後のご挨拶の時にお聞きするのを忘れていました。『田舎庵』だと思うのですが・・・・・・

■-旭川より
 >> くみこ  05/28(Tue) 14:31[6141]  



戸畑のコンサートレポート、楽しく拝見させて頂きました。ありがとうございます。旭川でのコンサートも間もなくであれこれ準備しています。

地元ケーブルテレビからお声がかかり、明後日お昼のトーク番組に出演しコンサートの宣伝をさせてもらうことになりました。きよしさんの曲も流してもらえるよう交渉中です。一人でも多くのファンの方に、きよしさんが旭川で歌ってくれていることが伝えられたら嬉しいです。

旭川は一昨日5月としては観測史上初の34度Cまで気温が急上昇、レールがゆがむ恐れがある(夏仕様への調整が間に合わなかったそうです)ということでJR札幌ー旭川間が運休しました。万が一、当日運休の場合でも旭川ー札幌間は30分間隔でバスが運行しています。

本州、道内各地からお越しになるお客様へ。いつもにも増して寒暖差が激しいですし、旭川はこの時期夜はまだ肌寒いですから羽織るものなど用意された方がよいかと思います。

どうか暑くも寒くもなくこの時期本来のさわやかな旭川の気候でお迎えできますように。



■-OKです
 >> 永嶋  05/27(Mon) 15:12[6140]  



了解しました!

■-この場をお借りしてすみません
 >> ディアナ  05/27(Mon) 13:11[6139]  



永嶋宅を通るたびに、ナナちゃんに挨拶していましたが、犬小屋が無くなっていたので、もしかして、と思っていました。美人のゴールデンレトリーバーでしたね。御在宅なら、今日の夕方ご挨拶に行きたいとおもいます。よろしくお願いします。

■-そうでしたか!
 >> 永嶋  05/27(Mon) 12:41[6138]  



私の自宅から200m以内のマンションといえば察しがつきます。ナナは3年前に13歳で亡くなりました。きよしさんの写真をトイレにかけているなんて、きよしさんに叱られそうですが大事にしているので、いつも見えるところに掛けました。その写真は2002年11月16日のNHKスタジオパークでのきよしさんのライブ後のCO購入とそのCDにサインしていただいている時のものでピアノのパネさんと3人で写っていただいたものです。3年前に自分史を本にしましたが、その中にもきよしさんのことを書きました。今度、ご紹介します。

■-永嶋さんへ
 >> ディアナ  05/27(Mon) 12:07[6133]  



永嶋さんはじめまして、永嶋さんの息子さんと飼い犬のナナちゃんとは知り合いです。。数年前息子さんに長谷川きよしさんのファンだと言ったら、「父が長谷川きよしさんの大ファンで、トイレにも長谷川きよしさんの写真が貼ってある。」といってました。永嶋家と私の住んでるマンションは200M位の距離です。知ってたら私も長谷川きよしさんに一緒にご挨拶したかったです。

■-きよしさんのライブ
 >> 永嶋  05/27(Mon) 09:28[6132]  



久しぶりにきよしさんのライブに行きました。数年前、同じくヌジェさんと小倉で会ったったとき以来です。これまで50年近く、きよしさんの唄を聴き、ライブにも足を運びましたが、今回の内容はこれまでで一番感動的で素晴らしかったです。昭和44年の高校2年生の時に初めてきよしさんの別れのサンバを聴いて以来ずっとファンですが、私も年をとって聴き方が違ってきたのかもしれません。今回は妻とランニング仲間の女性3人も同行してくれました。女性たちは初めて聞くきよしさんの唄とギターに感動していました。私の家は戸畑駅と渡し場の中間にあり、今回の会場までは歩いて3分の距離です。終演後、私の自宅で皆さんに昔のレコードを見せたり、とり貯めたDVDを見せたりして盛り上がりました。特に1993年のジャポップ長谷川きよしライブが皆さん気に入ったようでした。きよしさんの奥様が幼い頃、戸畑に住んでおられたことを知り驚きました。ライブ終了後、労音の方にお願いしきよしさんと奥様に挨拶をさせていただきました。昔は定期的な東京出張の時、ライブにも足を運びましたが、今は仕事を離れ遠ざかっています。なので、今回の戸畑での公演はとてもありがたいものでした。私の好きな『別れのサンバ』『透明なひと時を』『そして今は』が聴けて幸せでした。アレンジも以前とは微妙に変化していて音楽とは進化するものだと感じました。ご挨拶の時にきよしさんが私のほかに会場から300mのところにもう一人戸畑の方がおられると教えてくれました。同じ地に私のような熱烈なファンの方がおられることを心強く思いました。

■-零時21分
 >> sino  05/27(Mon) 08:53[6131]  



の投稿、ご苦労様でした!。…(笑)

きよしさんの奥様が、子供の頃、戸畑に住んでいた事があったんですね〜。以外な情報で、俄然、興味が湧いてくるんですけど。「♪〜南と北との間には〜」どんなアナザーストーリーがあるのでしょうか?。

そして、やはり、きよしさんは掲示板を読んでくれてましたね〜。ディアナさんのお蔭で、ちゃんと分かりました。ありがとうございました。

ライブの様子も、わかるわかるという感じで、伝わって
来ました。さあ、お次は、あの方からのレポでしょうか?。待ってま〜す。でも、無理しないでね。…(笑)


>>修正・削除は、記事Noと投稿時に入力したパスワードを入力し
edit又はdeleteを選択し、updateボタンを押下して下さい

No. Pass
kakikomitai Ver0.96 Created by Tacky